イベント

  1. トップ
  2. イベント
  3. 『革新的低フードロス共創拠点 課題4・5 ワークショップ』

開催終了

オンライン

『革新的低フードロス共創拠点 課題4・5 ワークショップ』

日時 2022/05/09(月) 15:00〜17:10 開催場所
Zoomウェビナー
オンライン
定員 500人 参加費 無料
申込締切日 2022年05月09日(月) チラシ PDFリンク PDF
『革新的低フードロス共創拠点 課題4・5 ワークショップ』

概要

JST共創の場形成支援プログラム
大阪大学革新的低フードロス共創拠点
課題4「エシカル消費に通じた持続的な社会経済システムの構築」・課題5「双方向型国際教育プログラムによるフードソリューション人材の育成と機会創出」のワークショップを開催します。
【主催】大阪大学「革新的低フードロス共創拠点」
【協賛】日本生物工業会
【共催】フードロス分科会
【後援】バイオコミュニティ関西

プログラム

拠点概要説明・福崎英一郎PL
ご挨拶「バイオコミュニティ関西(BiocK) ~「集積」から「連携」へ~」
坂田恒昭(バイオコミュニティ関西 副委員長兼統括コーディネーター)

開会挨拶 大槻悦裕(課題4リーダー・国際公共政策・教授)

課題4テーマ:エシカル消費を通じた持続的な社会経済システムの構築

「食品ロスの現状と経済的側面(仮題)」
大槻 恒裕(大阪大学・国際公共政策研究科・教授)
「消費者の低食品ロスへの認識の形成(仮題)」
道田 悦代 (JETROアジア経済研究所・環境資源研究グループ・グループ長代理)
「サプライチェーンにおける鮮度管理技術・産地偽装防止技術の導入に対する消費者の評価(仮題)」
本田 圭市郎 (熊本県立大学・総合管理学部・准教授)

課題5テーマ:双方向型国際教育プログラムによるフードソリューション人材の育成と機会創出

「フードソリューション人材の育成にむけた私たちの取組み(仮題)」
本田 孝祐(大阪大学・生物工学国際交流センター・教授)
「食品ロス削減に向けた立命館大学の試み(仮題)」
阿良田麻里子(立命館大学・食マネジメント学部・教授)

パネルディスカッション